姉との日常会話(荒らし禁止)第46話


474 : Mr.名無しさん[sage] : 2008/12/20(土) 20:20:38

休日、久しぶりに姉と出かけた。


姉「この世界的大不況の中にあってはね」
俺「うん」
姉「定額給付金は景気回復のきっかけにはならないということなの」
俺「ああ」
姉「今のままでは麻生さんに限らず誰が総理になっても支持率が上がるわけがなく」
俺「そうだな」
姉「雇用問題こそ税金を大量投入して真っ先に対策すべきであって」
俺「たしかに」
姉「ねえ、ちゃんと聞いてるの?」
俺「ん?ああ。もちろん聞いてるよ。…あ、先輩!」
姉「え?」



475 : Mr.名無しさん[sage] : 2008/12/20(土) 20:21:08

先「おう、偶然だな」
俺「今日出勤だったんですか?」
先「午前中だけな。今、会社に戻るとこ」
俺「お疲れ様です」
先「ああ。なんだ?そちら様はどなた?カノジョ?」
俺「ええ、まあ」
姉「な、ちょ…!」
先「平日は要領よく仕事片づけて、休日はちゃっかりデートかよ」
俺「そんなところです」
姉「あの…それは違くて…」
先「凄い美人さんじゃないか」
俺「またまたあ、先輩は」
姉「そんなこ…」
先「いいなあ。俺もこんなキレイなコ連れて街を歩きたいよ」
姉「実はこれは弟であ…」
先「じゃあ俺急ぐから。彼女もまた日を改めて」
俺「失礼します」
姉「あ…モゴ」


先輩が現れてから終始モゴモゴしていた姉。
声があまりに小さくて、全然先輩と会話が成立してなくてワロタ。
幼い頃から身内相手には威勢がよく、初対面相手には人見知りが激しい性格。
モゴモゴと縮こまっている様をからかうのがまたおもしろい。
カノジョ扱いしたことについては、先輩が居なくなってからすぐに元のテンションに戻ってたっぷりしぼられた。

476 : Mr.名無しさん[sage] : 2008/12/20(土) 20:22:34

これが殺意か・・・


477 : Mr.名無しさん[sage] : 2008/12/20(土) 20:35:44

まったく、さりげなく美人姉の自慢してるし

478 : Mr.名無しさん[sage] : 2008/12/20(土) 20:43:37


>>475
早くお姉ちゃんにたっぷりしぼられた時の会話を書く作業に戻るんだ